onemile瀬戸内とは

サイクリングでもタウンユースでも履けるスニーカー「onemile瀬戸内」

サイクリングシューズonemile瀬戸内を6色並べた紹介画像

1933年に創業した広島県府中市のスニーカーメーカー株式会社ニチマンによって誕生した「onemile瀬戸内」。

サイクリストの聖地しまなみ海道もある瀬戸内地域の老舗スニーカーメーカーが

『サイクリングをもっと身近に・気軽にできるものとして広め、サイクリングの楽しさをより多くの人に実感して欲しい』

そんな想いを込めて、誕生したブランドが「onemile瀬戸内」です。 

 サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を6色並べた物撮りの画像

この「onemile瀬戸内」は本格的なサイクリングシューズとしてSPDクリートに装着できる仕様でありながら、そのまま普段履きとしても履くことができ、一足で二役を担えるスニーカー。

創業約90年の歴史と技術を結集して、サイクリングをもっと身近に・気軽に・楽しくできるようなスニーカーです。

 

 

onemile瀬戸内の特徴
~タウンユースでも履ける~

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いてカフェで食事をしているシーンの足元の画像

onemile瀬戸内はサイクリングに適した機能を備えていますが、一見普通のスニーカーに見えるデザインになっており、実際にスニーカーとして日常お履きいただけます。

 サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をタウンユースとして芝生の上で履いている画像

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をタウンユースとして道の上で履いている画像

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をタウンユースとして土の上で履いている画像

 

~なぜタウンユースでも履けるのか?~

「なぜタウンユースでも履けるのか?」

その答えはアウトソールがラバー製になっているからです。

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」の片足はアッパーが見えて、片足は靴底が見える画像

SPDクリートが装着できる本格的なサイクリングシューズの靴底は、一般的にはナイロン、カーボンが使用されています。

そのようなサイクリングのみに特化したシューズは歩くことを考慮していない場合がありますので、歩きにくく、お店などのタイルで滑ることもあります。

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」の靴底をアップした画像

 

しかしながら、onemile瀬戸内は本格的なサイクリングシューズとしての機能を備えながら、靴底はラバー(ゴム)素材であり、カチャカチャと足音が鳴ることもなくスムーズに歩行できます。

また、靴底の凹凸模様によって、滑りにくい設計になっています。

そのため、サイクリングをした後でもそのままどこでも履けるスニーカーになっています。

 

 

サイクリングシューズとしての機能
~SPDクリートが装着できる本格仕様~

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をSPDクリートに装着するイメージ画像

サイクリングシューズとしての機能も備えています。

一つは、本格的なサイクリング用としてSPDペダル用のクリートが装着可能です。

SPDペダルに一体化して、快適なサイクリングをサポートします。

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をSPDクリートに装着するために靴底のラバーパーツを外そうとしている画像

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」をSPDクリートに装着するために靴底のラバーパーツを外した画像

アウトソールのラバーパーツを一部着脱できるようになっておりますので、SPDペダルに装着させたい場合はラバーパーツを取り外していただきます。

アウトソールが全面ラバー製になっておりますので、SPDペダルに装着して自転車から降りた後も自然な歩行が可能です。

 

 

~ペダルに漕ぐ力が伝わりやすい設計~

 サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いて自転車に跨っている画像

通常、サイクリングシューズは靴底があまり屈曲しない方がペダルに漕ぐ力が伝わりやすく、快適なサイクリングをサポートすることが出来ます。

 サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いて自転車のペダルを漕ごうとしている画像

onemile瀬戸内もペダルに力が伝わりやすいよう靴底にプレートが入っていますのでスムーズなペダリングをもたらし、サイクリングや自転車でのちょっとしたお出かけの際にも快適です。

 

 

~靴紐が自転車に絡むのを防止~

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」の靴紐が絡まないようにしてあるシューレースホルダーが分かる画像

また、靴の外側にシューレースホルダーを設けています。

このシューレースホルダーにより、結んだ靴紐を靴の外側で挟み込むことができ、サイクリング中に靴紐がチェーンやペダルに絡んでしまう事を防止。

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」の靴紐が解けるのを防止するシューレースホルダーが分かる画像

快適なサイクリングをもたらします。

 

 

~夜間でも光るリフレクター仕様~

 サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」のリフレクターが光っている画像

さらに、夜間での自転車運転時には、踵と側面に備えたリフレクターが反射し、周囲から見つけやすくなっています。

夜遅い仕事の帰り道や買い物の時などの事故を防止します。

 

 

onemile瀬戸内発祥の地
「しまなみ海道」ってどんなところ?

しまなみ海道のスタート地点にある広島県尾道市の商業施設「U2」の画像

「しまなみ海道」は広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ橋で、数々の島を繋ぎながら瀬戸内海を縦断しており、サイクリストの聖地と呼ばれています。

しまなみ海道がサイクリストの聖地と呼ばれる所以は、

・瀬戸内海に浮かぶ多島美が絶景であること

・年間を通して穏やかな気候であること

・自動車道だけでなく、他に類を見ない大規模な海上自転車道ができたこと

しまなみ海道にある亀老山展望台から海や橋を見渡した風景の画像

・片道乗り捨てのレンタサイクルなど手ぶらで最高のサイクリング体験ができること

・サイクリストが集まれるライドイベントが年間通して開催されていること

・ONOMICHI U2をはじめ、サイクリングに関連した施設やサービスが充実してる

といったことからサイクリストの聖地と呼ばれるようになりました。

広島県尾道市で海を背景に自転車を撮影した画像

ぜひonemile瀬戸内を履いてしまなみ海道をサイクリングしていただければ幸いです。

 

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いて自転車に乗っている画像

広島県尾道市の商業施設「U2」で撮影したサイクリングシューズ「onemile瀬戸内」の画像

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いてカフェで談笑している画像

サイクリングシューズ「onemile瀬戸内」を履いて海辺にいる画像